200年夏旅行 郡上八幡―後編―

2009年8月2日(日)


長良川の上流に位置し
吉田川など3つの支流が合流する
郡上ならではの水の風景です
f0112407_1547589.jpg
防火用のバケツが板塀にかかっているのも
何ともいい感じですな~
f0112407_1548922.jpg
まーた、沢歩きを始めちゃったよ、、、レオちんたら

いつもはもう少しサラサラとした流れなんでしょうけれど
さすがに今日は水かさが多く、濁っているね、、、、


それにしても水遊びが大好きなレオちん
この街だったら、アンヨ冷やしながら歩けるから
夏でも散歩楽々だねー、レオ



、、、、、、とふと、玄関先に目をやると
用水掃除用のほうきセットが置いてある。。。。。
用水掃除も当番制なのね、、、、、

レオ、お水汚さないようにしないとヤバいよっ



f0112407_15483262.jpg
こんな欄干からも顔を出しております
f0112407_15484052.jpg
まさに、激流だす。。。

この橋のたもとにある宗祇水です
f0112407_15484913.jpg
しばしばTVなどでも紹介されますが
これは郡上特融の水利用システムで

f0112407_15494061.jpg
わき水などを引き込んで
最初の水槽は飲用に
2番目は野菜などを洗ったり
3番目の水槽では食器などを洗ったり、、、、
と使い分けるそうです

ナルホドー

なので、この水槽の近くは動物の立ち寄りは×
レオ母だけ行ってお水を頂いてきました。

まろやかでとても美味しかったです。

f0112407_15501481.jpg
落ち着くことを知らないレオ
風情のある白壁の小道をさっさと引っ張っていきます。。。






たっぷり歩いた後のしばしのティータイム
宮が瀬橋の袂のテラスでレオと一緒にひと休憩
f0112407_15511117.jpg
雨に濡れてすっかり体の冷えたレオ父は
温かい飲み物を所望したため
温かいココアです~
甘くて美味しかったでしょ~


こちらのお店、この冬までハスキーちゃんがいたそうで
高齢で亡くなってしまったそうなんだけど
レオのことをおばあちゃんから、お孫さんまでみんなで見に来てくれて
可愛がってくださいました。
ありがとうございました。

いまうっかり、お店の名前失念して、探しているところです
後できっと見つけます。。。。


f0112407_1551331.jpg

f0112407_1552652.jpg
残念ながら濁ってしまったお水だけど
そんなこと全く関係ないレオ
なんだか真剣に水中を凝視している
何がいたんだろうな。。。?
f0112407_15523080.jpg
玉石を敷きつめた道と水路、柳の並木、大きな家屋敷。
涼やかな風が吹き抜けるような小道です。

毎日こういう所を散歩できたら楽しいだろうなあ・・・・



f0112407_15525356.jpg
町から外れた駅にもやって来ました。
昔ながらの小さな駅舎と待合室がノスタルジックでした。

一日に10本位だったかな?電車




郡上八幡城は安養寺をずーっと登って行った山の上で
車は登り、下りが別々のルート
上りはすごく道幅が狭くて、一回では曲がりきれないほどでした。

駐車場の脇には、「首洗いの井戸」
などというオドロオドロしいものが、、、、、
写真なんて撮ったら何が映るやら。。。。。。
f0112407_15533847.jpg
雨がやんできて、空が明るくなってきたました。
今日は一日結構な雨降りで
歩いて回るのはさすがにしんどかったわね。
f0112407_1554225.jpg
ここからは、さっき歩いた郡上の町が見渡せます
f0112407_1554148.jpg
お城の入り口まで登っていきます
もっとも場内はワンコNGだから入り口で写真を撮っただけね



f0112407_15543223.jpg
お城を下って来ると
「内助の功」で有名な山之内一豊の妻
千代の像のある城山公園です

ここからお城までの散策をパンフとかで薦めているけど
ちょっと、、、、、キツクないかい?


そして、今日の郡上踊りの会場はここの城山公園なのです。

7月中旬から9月上旬にかけて32夜にわたって踊られ、
踊り会場はひと夏で市街地を一巡し
お盆の4日間はクライマックスの徹夜踊りで盛り上がるそうです

準備していたオジサンたちにぜひ見ていくように誘われて
f0112407_15544727.jpg
このおじさんたちは踊り上手でしたよ~
レオ父は、このおじさんのキツネのお面がとても気に入った様子

夜が更けるにつれ、老若男女、わらわらと集まって来て
こんなに盛り上がった盆踊り見たのは久しぶりです
みーんな楽しそうに踊ってるし

ウチの方の盆踊りなんて、婦人会のおばさん達しか踊ってないよ。。。
f0112407_1717591.jpg
踊りの種類は10種類なんだそうだけど
2番目の「春駒」は盆踊りには珍しいアップテンポの曲で

みんな楽しそうに掛け声かけながら
はっるこっま、はっるこっま 」やってるから
そのあと何日間も耳について離れなかったよ。。。。。^^;
f0112407_1555745.jpg
来年は踊ろうかなーというレオ父でした
[PR]
# by reotarin1109 | 2009-08-20 17:26 | 旅行

200年夏旅行 郡上八幡―前編ー

2009年8月2日(日)


郡上八幡も初めてやって参りました、レオ一家です
実は今回の夏旅行のメインイベント

「美しい日本の歴史的風土百選」の指定を受けた
小京都の佇まいを残す、昔ながらの美しい城下町
家々の間を縫ってゆく清らかな水の流れ

一番楽しみにしていたところなのです~♪

f0112407_13484996.jpg
宮が瀬橋から長良川最大の支流
吉田川を眺めます。

本当に橋を渡る度にこうやって辺りを確かめるレオ^^

f0112407_13491486.jpg
宮が瀬橋から一つ上流の新橋です
濁流ー
清らかな水の流れは何処にー?

この橋からの有名な子供の飛び込み
夏の風物詩で楽しみにしていたんだけど
これでは無理だわねー。。。

f0112407_1349482.jpg
郡上踊りのレクチャーがここで受けられます。
一回¥500、「付き添いの方もお支払いください」と書いてありました。。。



だんだんと雨が激しくなってきましたが
頑張って歩きます。

f0112407_13494170.jpg
わらべ地蔵さんにお参りして

f0112407_13495631.jpg
安養寺さんを参拝させていただきます


本堂の横は柳町用水を利用した
粋な親水公園になっています
f0112407_1350826.jpg
雨が降っていなければちょっと一息、のんびりするのに好さそうですね。
レオも大好きな沢歩きに興じています。。。。。
f0112407_13502230.jpg

と、その時突然!!
すごい勢いで飛びのくレオ!f0112407_13503210.jpg
そして次の瞬間、
いきなり地面に突っ伏すレオ

いったい何が起こったのか!?

じーーっと一点を凝視し
緊張に身を固くしています。ぷぷっ(笑)

てか、ビビっております(爆笑)


この先のボットリ小屋で----------------
f0112407_13504829.jpg

このように水舟がたまった水をバシャーっとやる度に
ビビって飛びのいていたレオの助

まあ、何回か見ているうちに
「なんだコレかあー」って偉そうになってたけどね


f0112407_13524977.jpg
侍町の面影を残している柳町の家々は
奥の家に見られるように
隣家との間に袖壁を持つのが特徴で
これは屋根の軒出しを支えるとともに
長屋のように密接した家々の防犯や延焼を防ぐためのものだったそうです。

f0112407_13573121.jpg












おしゃれー、な雰囲気を漂わせる
こんな清涼感溢れる水鉢


f0112407_13511378.jpg
家々の玄関先になにげに置かれていて
とても風流で素敵です♪






f0112407_13532330.jpg
「郡上の八幡出てゆく時は、
雨も降らぬに袖しぼる」
の歌詞で知られる郡上おどりは
400年にわたって歌い踊り続けられて
きたものだそうで
f0112407_13592910.jpg
郡上の人々の心とともに生きている郡上踊り

今回見物するのがとっても楽しみ♪
雨降らないといいんだけどな。。。。。



★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★

この後は、次回 郡上八幡後編に続きます。
後編では、水の街、郡上の魅力や郡上踊りの様子なんかを
たっぷりお伝えしたいと思います~。。。
[PR]
# by reotarin1109 | 2009-08-20 15:36 | 旅行

2009年夏旅行 下呂温泉の朝

2009年8月2日(日)



旅の二日目もやはりぱっとしないお天気
下呂温泉の朝の散歩は、駅から始めましょうか
f0112407_11443912.jpg
お決まりのこれ
f0112407_11444841.jpg
駅舎の軒先には
役目を終えた龍神様がいらっしゃいます。
あー、返す返すも昨日祭り見てれば良かったよー
f0112407_1145214.jpg
駅前のモニュメントには白鷺伝説が刻んであって
龍の口からは源泉が流れています。
水だと思ってペロしたレオちん、
びっくりしてたよー(*⌒m⌒*)ププッ♪
f0112407_11451985.jpg
鷺の足湯でひと休憩
まだ朝も早かったので誰もいなくて
ゆっくり足湯を堪能いたしました。

ここ、下呂温泉にはたくさんの足湯があって
そのほとんどは無料で入れます。
f0112407_11452845.jpg
温泉街の中心地にはサスガ、温泉を祭っている神社があります。


f0112407_11453673.jpg
そして昨夜の祭りの名残を留める屋台もまだ眠りに就いたまま・・・・・

なんだー、凄い楽しそうねー、この通りったら
昨日こっちの道来なかったから
あー、こういうとこ見て、食べて歩くの大好きなのよ、ワタシ
f0112407_11464010.jpg
雨情さんもヘルメットをかぶって
お疲れのご様子でした。。。。。


そして後ろ髪を引かれながらも
私たち、下呂温泉を後にし、郡上八幡へと向かいます。
[PR]
# by reotarin1109 | 2009-08-20 11:58

2009年夏旅行 下呂温泉

2009年8月1日(土)


妻籠宿を後にしたレオ一家
夕方下呂温泉にやって来ました。
天気は相変わらず降ったり止んだりと不安定。


妻籠・馬篭はレオの来る前に何回か行ったけど
下呂温泉に来るのは、父も母も初めてで
ちょっとワクワクしています。

初めての所なので、軽く車で街を流してから
先ずは縄文公園に上って来ました。
f0112407_9104210.jpg
正確には「青竹踏み」ね
もう直すのメンドクサイ

で、見えますでしょうか?
レオの足元の青くはないけど、竹。

さっき、まるでドッグランにあるような
足洗いっぽいシャワーが駐車場にあったから
えー?これは??
散歩した犬洗っていいのかい?(違う違う)
って思ったら、隣の看板に書いてありました。

「(健康増進のため)ここの竹の上を裸足でお歩きください」って
そうか、、、あのシャワー、人間の足洗いなのねー
なんかスゴイかも。。。。
だかど、いるのかしら、、、、ここ、はだしで歩く人。。。。^^;

f0112407_9105258.jpg
人さまが裸足で歩くところに絶対シーッなんてしないようにっ!



f0112407_9115631.jpg
f0112407_9122212.jpg



縄文公園なので、
縄文の方々が橋を守っていらっしゃるのね
そしてそのその水がめの中には、、、、、

f0112407_9124575.jpg
水がたまっているところを見ると
必ずコレ、入れたくなっちゃう人、いますよね^^;

もう何年も前だけど
浦安のシェラトンホテルのラウンジにある
ゴージャスな噴水&小川にもいっぱい小銭が入ってて、笑ったよゞ^^

f0112407_9131542.jpg
下呂温泉の町が眼下に広がります





f0112407_9134457.jpg
深い木々に囲まれた川の両側に遊歩道が設けられ
とても気持ち良く散歩の出来るgoodな公園です
f0112407_914829.jpg
朱塗りの橋ってなんだかとてもノスタルジック
f0112407_9182490.jpg
ここ最近の雨で、増水した川は濁流となって
冗談抜きでけっこう怖い。。。
そんな激しい水の音にとってもワクワクしているレオ
もう行きたくて、行きたくて、、、、

本っ当ーに危ないから、
万が一落ちたら、絶対助けないからね、や・め・て

f0112407_9141752.jpg
野口雨情さんの歌碑と一緒に



いつもだったらここからずーっと
川沿いの遊歩道を歩いて来れるんだけど
今日は危険なので、川沿いの道は立ち入り禁止でした。
f0112407_9142656.jpg
上の歩道をテクテク歩いて
温泉街まで降りて来ると




f0112407_9151850.jpg

今日から3日間、
下呂の夏祭りです。
この先が祭りの大会場になっていて
もう既に沢山の人で賑わっています。


龍神様がお出ましになりました。

5頭の龍神様が街をねり歩きます
さっきから、3頭位龍神様見たかな?
今年は40周年ということで
龍神様もリニューアルしたそうです。

f0112407_9192791.jpg
ここは夜の龍神火祭りの開場前です
勇壮な男衆に担がれた椀みこしと5頭の龍が、
花火や炎の演出の中を乱舞するそうです。

そしてレオ一家はそれを見逃しました(T0T)
だって、事前に調べていくような私ぢゃナイから
そんなに凄いって知らなかったんだもん

夕方からここに戻ってきて
始まる30分くらい前まで粘ったんだけど
なんか混んでるし、、、雨も降ってきたりで
ビールと牛串食べて祭りの雰囲気味わったから
そろそろいいかな~なんて。。。。(号泣)
f0112407_922384.jpg
さっきの踊ってた龍神様がレオに近づいて来ます
もーう、うれしいレオちん=3
f0112407_923087.jpg
今度は椀みこしのお出ましです。
レオ、そんな、奉納に飛びついたらバチが当たるよ!
f0112407_919516.jpg
そして何といっても興奮したのがコレ、
椀みこしを先導する爆竹です。
耳聞こえなくなるんじゃないかしら。。。
って思うくらいバンバン、バンバン物凄い音だったけど
もう行きたくて行きたくてーー=3 なレオ。。。
f0112407_9202160.jpg
すごい速さで走り抜けていく
かっこいい。。。。
f0112407_9203665.jpg
アーもー、大変でした(レオ父が)





もう少し散歩しましょう
いで湯大橋を渡っていくと
f0112407_921340.jpg
対岸の川岸には有名な露天風呂が
f0112407_9243683.jpg
噴泉池です。
今日は増水のため、立ち入り禁止になっていました
どこからも、まる見え。。。。。
しかし、「次回は入るぞーっ!」と意気込んでいたレオ父でした。


f0112407_9245118.jpg
白鷺が開いたというこの下呂温泉
マンホールの蓋も、鷺でした。

f0112407_92542.jpg
そして白鷺の湯へ。。。。
f0112407_9252230.jpg
とりあえず、軽い気持ちで足湯につかって見ようと、レオ父・・・・・・・・・・
f0112407_9253160.jpg
イキナリ、非常に熱かった様子(*⌒m⌒*)ププッ♪

このあと私も入ってみましたよ。
火傷にご注意!
なんて、確かに最初はすっごく暑くてびっくりしたけど
そのうち慣れてくると、疲れた足に効くヮ~って感じで・・・・・・・・・・・


。。。。。。だから、かき回さないでったら( ̄○ ̄;)!
熱いじゃないのよっ!!!


そして下呂温泉の祭りの夜は更けていき、、、、

川岸から見た夜の花火は、とてもきれいで迫力でした~
お風呂上りにビールを飲みながら
対岸の花火に興じるのって
あ~、人生の幸せを感じました~~♪
(写真撮るのは、忘れたけどね)
[PR]
# by reotarin1109 | 2009-08-20 10:55 | 旅行

2009年夏旅行 妻籠宿

2009年8月1日(土)



馬篭から峠を越えて妻籠宿へ
f0112407_1251849.jpg
そろそろ昼どきだし、ここでお昼ごはんでも食べたいなー
でも、レオちん車でのお留守番は無理かなー
f0112407_12511790.jpg
そろそろレオは暑くなって来たカネ
もっぱらこういうところを歩くのが好きっ


f0112407_12512765.jpg
「売らない・貸さない・壊さない」
という3原則を守り、ここで生活しながら、
江戸時代の町並みという貴重な財産を伝えている妻籠宿です

そして最初に保存事業が行われたのがここ、寺下地区です。

f0112407_12514244.jpg


f0112407_12515370.jpg
当時の長屋を復元した、下嵯峨屋です。
代表的な庶民住宅で、方土間に並列する二間の間取りです。

f0112407_1252280.jpg
この先はちょっと分かりづらいですが
敵の侵入を阻むために
道を直角に折り曲げた「枡形」です。


f0112407_1252257.jpg
レオ母が観光案内所で資料集めをしている間に
ここに寝てしまったレオ
とても気持ちのいい風が吹いていて
もう動こうとしません
f0112407_12543268.jpg
し・あ・わ・せ♪


f0112407_12525138.jpg
島崎藤村の母の実家です。


パラパラと雨が落ちて来ました
しばし軒先で雨宿りをしながらの街歩きです。


f0112407_1253243.jpg
白い土塀が美しい

f0112407_12551443.jpg
こういうのにいつも興味深々なレオを見ていると
ほのぼの~とした気持ちになります^^

f0112407_12555198.jpg
情緒溢れる江戸時代の町並み
家の軒にかかるへちまが一層風情を醸し出して。。。。
f0112407_125687.jpg
ひょうたんも、なんてノスタルジックなのかしら・・・・・・・・・


え、、、、と、へちまとひょうたんって
どこが違うんだっけ?
あ、体洗うやつがへちまで
水筒になるのがひょうたんね

f0112407_12562898.jpg
カサブランカも美しく咲いて。。。。


f0112407_12565033.jpg
まあ、花より団子
ならぬソフトクリームの父&息子
でもここの小豆ソフト、濃厚なクリームと小豆がベストマッチで
とっても美味しかったです^^
お店のおばさん、レオのためにって
大盛りにしてくれました、ご馳走様でした~



f0112407_12571392.jpg
坂道と白壁の家並み、そしてアジサイの青がきれい

f0112407_12573126.jpg
やっぱり水車が好きなレオ
こぼれてくる水しぶきが気持ちいいらしいf0112407_12575173.jpg 
やっぱりここにも入るのね


f0112407_12582615.jpg
口留番所跡
昔の関所跡です
この辺りで折り返してみようかな


f0112407_12585454.jpg
光徳寺
町並みより一段高い所に石段を築き
白壁を巡らせた、気品あるお寺さんでした


この頃よりにわかに周りが暗くなり遠雷が聞こえるような、、、、、
妻籠宿に来てから、小雨がぱらつく不安定な空模様

まあ、ピーカンに晴れるよりはレオもかなり楽だったんですが


f0112407_1259225.jpg
急いで車まで戻ろうとしましたが
途中で降り出した雨はこれまでとは違って
本格的な土砂降りになってしまいました。

あっという間に道が川のようになってしまって
軒先を借りてしばし雨宿りさせてもらいます。
f0112407_12593791.jpg
燕さんたちもあちらこちらで雨宿りしています^^
f0112407_1259556.jpg軒から落ちてくる雨粒と遊ぶレオ
嬉しそうにガブガブしています♪
周りで一緒に雨宿りしている人たちはそれを見て笑っていました^^;


30分位降っていたかな
ちょっとのすきを狙って車に一目さん
f0112407_1301271.jpg
さっき通った橋から川を見てみると
すごいことになっていました。。。
[PR]
# by reotarin1109 | 2009-08-19 12:49 | 旅行

2009年夏旅行 自宅より馬篭宿へ

2009年8月1日(土)


今年のレオ家は、例の高速料金¥1000を利用して
木曾方面から回ってみることに
金曜の真夜中から自宅を出発
こんな真夜中なのに、結構な車の数です。
f0112407_1085318.jpg
まだ朝の5時だというのにすでに満車状態の双葉SAです。
f0112407_109666.jpg
こういうのを見るとついやってみたくなるレオ父


★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★

駒ケ岳SAでひと休憩
ドッグランでしばしお友達と遊んでレオも満足の様子
最近ランのあるSAが増えてきて
ワン連れ旅には助かりますね
f0112407_1091721.jpg
天気が良ければ
駒ケ岳でっゆっくりハイキングも良かったんだけどなー



八王子より中津川ICで降りて
高速料金は1000円!確かにすごいお得感!!
しかしボーっとしていて
「割引¥1000」って表示を見逃してしまったレオ母。。。。残念

「君はそういうところ、結構ハズスよねー」と、隣で笑ってるレオ父
ムッ!教えてよねっ



そして車は中津川より馬篭手前の落合宿へ

幕府が街道を整備するとき、
一里(4km)ごとに道の両側に土を盛った塚を築いて
旅の行程や駄賃・運賃の目安とした-----------+
という一里塚跡より、旧中山道の石畳をしばし散策
f0112407_1092733.jpg

そういえば、以前旧中山道を
“いちにちじゅう、やまみち”って読んじゃったアナウンサーいましたよね。。。^^;
f0112407_1093676.jpg
先人たちがここを通って行ったのね
、、、と思いを馳せるとまた感慨もひとしお
まあ、石畳が結構滑って怖かったともいうけど・・・・・
f0112407_1094597.jpg
ここからいよいよ、馬篭・妻籠へ


★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★★・:*:☆・゜',。・:*:・゜'★


この馬篭宿は街道が山の尾根を通っているため
坂の途中に宿場が造られており
この様な坂の宿場町は珍しいそうです
f0112407_1095612.jpg
f0112407_1013865.jpg
風情のある石畳が続く
朝の馬篭宿はまだ人もまばらで趣深く

急こう配な坂道はけっこうキツイ。。。。



展望台までやって来ました。
f0112407_10131782.jpg
今日は恵那山の姿がうっすらと。。。。。見えないか^^;
f0112407_1114881.jpg
それでは、今買ってきた酒屋さんイチ押しのコレ!
ちょっとだけいってみますね。。。^^


f0112407_10133546.jpg
道沿いを歩いていて
こんな流れを見ればもちろんこうなるレオ
f0112407_10134798.jpg
流れにゆらゆら揺れる葉っぱが気になるレオ
f0112407_10135925.jpg
楽しそう(*⌒m⌒*)ププッ♪


f0112407_10141424.jpg
この石畳、雨が降ると川のようになって歩きにくく
一旦はコンクリート舗装され、所々に石畳が残る程度だったそうですが
平成元年より博物館事業の一環として
2年かけて現在の石畳が完成したということです。
f0112407_11444295.jpg
今はそんなに川にならないのかしら?
うん、でもやっぱり石畳の坂道って情緒たっぷりでいいよね~


f0112407_10142955.jpg
「火の要鎮」って書いてありました。
旅していると色んなことを発見できて、面白いね♪


f0112407_11353636.jpg
島崎藤村の「夜明け前」に出てくる大黒屋さん

f0112407_11361215.jpg
そして島崎藤村の生家跡
藤村記念館です。
今度冬にでも来たときに、父と交代で入ってみたいな。。。。。
f0112407_11363340.jpg


藤村の生家は江戸時代、
本陣、庄屋、問屋をかねた
旧家だったそうです

お金持だったのね。。。。。



f0112407_10143840.jpg
この水車も風情たっぷり~
そして、水車から跳ね上がる水しぶきがうれしいレオちん♪

f0112407_10144859.jpg
レオ父の持っている栗のどら焼きに釘付けーー!のレオ
これ、見た目と違ってカリッと焼けた皮の中に
大きな栗が丸まま入っていて
超美味でした~^0^


それでは、そろそろ馬篭を後にして
妻籠宿の方へ行ってみたいと思います。
[PR]
# by reotarin1109 | 2009-08-19 11:56 | 旅行